いらないたるみを美容外科で除去してみよう
ハートのイラスト

美容外科でたるみを取り除く時の流れを確認しよう

徐々に気になりだすたるみ

加齢と共に出てくるたるみですが、美意識の高い女性はこのたるみが気になってしかたないはずです。ハリのある肌をもつ若々しい女性は男性も魅力的に感じます。たるみがコンプレックスで男性に対して奥手になるのはもったいないです。たるみを無くす方法や施術の種類はたくさんありますが、美容外科でたるみを取る時の流れについて解説していきます。

美容外科で診療する時の流れ

予約

利用しようと考えている美容外科へ電話やメールをすることにより予約することが出来ます。この時にどのような症状が出ていてどのように改善していきたいのかを聞かれるので、自分が理想としていることを話しましょう。受付は女性の方が多いので気軽に電話することが出来ます。

カウンセリング

予約をとった日になると美容外科へ行き、医師によるカウンセリングがおこなわれます。電話でも伝えた内容をもう一度より詳しく伝えましょう。また施術の方法など何か分からないことがあれば何でも聞いてみましょう。疑問がない状態で施術を受けると思っていたのと違うというトラブルがなくなります。

施術

軽めの施術の場合は、カウンセリングした当日に施術を行ないますが、大きな切開をするような施術は後日になることもあります。カウンセリングした時に決めたとおりに麻酔をしたり施術が進んでいきます。

施術終了

メスを使った施術などの場合は数時間腫れの状態が大きくなるので室内で待機することになりますが、腫れが軽めの場合はすぐに帰宅することが出来ます。メイクに関しても腫れの状態により解禁される時期が変わるのでよく確認しましょう。帰りにマスクやサングラスをして帰宅していく患者さんは多いです。

アフターケア

施術をした後にも定期的に診察が必要な場合は、美容外科へ通いますがその辺は担当医師から指示に従いましょう。施術した箇所は数ヶ月の間デリケートになっているので、ぶつけたり触りすぎないようにしましょう。

いらないたるみを美容外科で除去してみよう

ウーマン

たるみによリ起る症状

加齢によってまぶたの皮膚にたるみが出来てきますが、それを放っておくとだんだん目にかぶさってきます。そうなると人は自然にたるみによって狭くなった視野を広げようとして眉毛を上げるような動きをおこないます。この動きを繰り返し行うようになってしまうと、頭痛、肩こりなどの症状が出てくるようになってしまいます。

たるみを取り除く

眉毛を上げるということはおでこが狭くなるような動きを行ないます。なのでおでこにシワができやすくなり、シワ跡を作ってしまう可能性もあります。それによりコンプレックスが増えたと感じて、男性へ奥手になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。たるんだ皮膚を取り除く施術を行うことにより、まぶたがスッキリして視野が狭くなることはありません。たるみによる合併症状が出てくる前に美容外科で一度相談してみましょう。

脂肪も一緒に取り除くことが出来る

まぶたのたるみを取り除く時には、まぶたを切開します。この時にまぶたにある脂肪をいっしょに取り除くことが可能になります。日本人はまぶたに脂肪が付きやすい体質で腫れぼったい方がよくいます。なので一緒に取り除く人がたくさんいます。そうすることで自分のコンプレックスが減り失った自信を取り戻せます。その結果男性へ積極的にアプローチすることができるようになるでしょう。

広告募集中